KKRホテル東京

 
ホテル周辺のみどころのご案内

img
 
皇居に隣接し、かつて11代・家斉、15代・慶喜という二人の将軍を出した一橋徳川家の屋敷跡地というゆかりの地に建つKKRホテル東京。近隣には、都内有数の名所・観光地が目白押しです。ホテルを拠点に、徒歩または30分程度で行けるスポットの数々をご紹介します。


■皇居東御苑 
■皇居東御苑年間花暦 
■近隣の美術館・博物館 
■ホテル周辺の見所スポット

 
皇居東御苑

   img

太田道灌の築城を経て北条氏の居城となった江戸城。その歴史は古く、平安時代末期にまで遡ります。天正18(1590)年の徳川家康入城後、慶長11(1606)年より本格的な築城工事に着手、三代将軍家光の治世に完成。当時の面影を残し、現在は、旧江戸城本丸、二の丸、三の丸の一部を皇居東御苑として一般に開放されています。 

入苑時間  3月~10月:9時~16時 (16時30分閉苑)
     11月~ 2月:9時~15時30分 (16時閉苑)

入苑料   無料 
    (但し入口で整理札をもらい出口で返すこと) 

出入口門 北桔橋門、大手門、平川門 

休苑日 月曜日・金曜日 
     (天皇誕生日以外の国民の祝日に当たる時は  
       開苑、その場合翌火曜休苑)
      行事の実施のため支障がある日と年始年末 



皇居東御苑年間花暦

     img



1月(睦月)寒中 
    蝋梅、椿、水仙、木瓜    

2月(如月)立春 
    福寿草、梅、万作、寒桜 

3月(弥生)仲春 
    春蘭、オドリコ草、緋寒桜、三椏、
    辛夷、山桜、染井吉野 

4月(卯月)清明 
    里桜、花梨、花海棠、桃、久留米ツツジ、
    山吹、金蘭、銀蘭、木香薔薇、紫蘭 

5月(皐月)立夏 
    サツキ、山法師、ヒオウギアヤメ、空木、
    エゴノキ、アサザ 

6月(水無月)梅雨 
    花菖蒲、紫陽花、クチナシ、イノバラ、桔梗 

7月(文月)盛夏 
    オニユリ、夾竹桃、ノウゼンカズラ、桔梗、藤 

8月(葉月)立秋 
    百日紅、ヤブラン、芙蓉、女郎花、
    コバギボウシ、ヤブミョウガ 

9月(長月)仲秋 
    山萩、ノシラン、芙蓉、彼岸花、
    ヒヨドリジョウゴ、ツリバナの実 

10月(神無月)晩秋 
    金木犀、ミズヒキ、ススキ、ホトトギス、
    十月桜 

11月(霜月)立冬 
    ツワブキ、イソギク、山茶花、椿、寒椿、
    紫式部の実、紅葉 

12月(師走)仲冬 
    山茶花、枯れススキ、冬至梅 



近隣の美術館・博物館 

  img
          近代美術館


◆皇居近辺
◆上野周辺
◆両国周辺
◆六本木・目黒周辺
◆渋谷・新宿周辺



皇居近辺
 

◆国立近代美術館  
千代田区北の丸公園3-1 03-3828-5131 

◆国立近代美術館工芸館  
千代田区北の丸公園1-1 03-5777-8600
 

◆科学技術館  
千代田区北の丸公園2-1  03-3212-8544 

◆相田みつを美術館  
千代田区丸の内3-5-1地下1階 03-6212-3200 

◆ブリヂストン美術館  
中央区京橋1-10-1 03-3563-0241 

◆出光美術館  
千代田区丸の内3-1-1帝劇ビル9階 03-3213-9402



上野周辺  

◆国立科学博物館  
台東区上野公園7-20 03-3822-0111(代表) 

◆国立西洋美術館  
台東区上野公園7-7 03-3828-5131(代表) 

◆国立科学博物館  
台東区上野公園7-20 03-3822-0111(代表) 

◆東京国立博物館  
台東区上野公園13-9 03-3822-1111 

◆東京都美術館  
台東区上野公園8-36 03-3823-6921(代表) 

◆上野の森美術館  
台東区上野公園1-2 03-3833-4191(代表)


両国周辺

◆江戸東京博物館  
墨田区横網1-4-1 03-3626-9974 

◆東京都現代美術館  
江東区三好4-1-1 03-5245-4111(代表) 


六本木・目黒周辺

◆森美術館  
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ53階  
          03-5777-8600 

◆国立新美術館  
港区六本木7-22-2 03-5777-8600 

◆サントリー美術館  
港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンサイド                 03-5777-8600 

◆東京都写真美術館  
目黒区三田1-13-3  03-3280-0099 

◆東京都庭園美術館  
港区白金台5-21-9 03-3443-0201


渋谷・新宿周辺

◆Bunkamuraザ・ミュージアム  
渋谷区道玄坂2-24-1 03-3477-9252 

◆東京オペラシティアートギャラリー  
新宿区西新宿3-20-2 03-5353-0756




ホテル周辺のみどころスポット


   img
                 神田明神



◆二重橋    ◆丸ビル  ◆日比谷公園 
◆東京国際フォーラム ◆靖国神社  ◆神田明神
◆神田古書街  ◆国会議事堂  ◆秋葉原電気街
◆歌舞伎座   ◆日本武道館  ◆両国国技館 
◆東京ドームシティ ◆旧岩崎邸庭園 
◆小石川後楽園 ◆六義園    ◆浜離宮恩賜庭園





◆二重橋(千代田区皇居外苑) 

皇居正門前の橋であって、日本の古い文化と西洋文化とがよく調和した世界で最も美しい景観の一つといわれています。
 

◆丸ビル(千代田区丸の内2-4-1)・◆新丸ビル(千代田区丸の内1-5-1) 

2002年9月にリニューアルした丸ビルに隣接して2007年4月に誕生した新丸ビル。ともに東京の表玄関“丸の内の顔”にふさわしい大規模複合ビル。 


日比谷公園(千代田区日比谷公園1-6) 

明治36年に開園したわが国最初の西洋式公園。面積は16万㎡におよび、直径30mの大噴水池を中心に二つの洋式花壇、池を巡る二つの日本庭園、野外音楽堂、図書館、テニスコートなどがあります。 



◆東京国際フォーラム(千代田区丸の内3-5-1) 

7つのホールをはじめ展示ホールや33の会議室のほか、相田みつを美術館や多彩なショップ&レストランを備えた、東京の中心で文化と情報を国際規模で発信するコンベンション&アートセンター。 



◆靖国神社(千代田区九段北3-1-1) 

日本一の大鳥居を玄関にして、亭々とそびえるイチョウの大樹や桜の古木の中に鎮座する神社。明治維新時の官軍の霊から第2次世界大戦の戦没者まで約250万人をまつり、春には桜、秋はイチョウの黄葉が楽しめます。 


◆神田明神(千代田区千代田区外神田2-16-2)

江戸初期、将門首塚の所にあった明神様が江戸城拡大のため現在の地に移転し、江戸総鎮守府の格式を与えられ将軍家の庇護を受けて多いに栄えました。神田明神の例大祭は、2年に一度、5月中旬の土、日曜日に行われます。



◆神田古書街(千代田区神田神保町)

神保町交差点を中心に、靖国通り、白山通りには約150店の新本および古書店が軒を連ねます。全国の古書の3分の2がここに集まっています。名物の古本まつりは、秋の読書週間に開催されて人気を博します。 



◆国会議事堂(千代田区永田町1-7-1)

中央部に高さ65.5mの塔を持つ左右対称の重厚な建物。正面から向かって右側に参議院、左側に衆議院の本会議場があります。また塔のある中央部ホールには伊藤博文、大隈重信、板垣退助の像が、議事堂北側には国会図書館があります。



◆秋葉原電気街(千代田区外神田1丁目)

終戦後神田かいわいにあった露天商が、昭和26年占領軍命令で撤廃されたとき、ラジオ部品の店が駅の下に集められたのが始まり。その後、問屋や小売店などがどんどん集まって街をひろげ、世界でも類を見ない電気街へと発展。現在は約500店あり、あらゆる電気関連商品が並びます。



◆歌舞伎座(中央区銀座4-12-15 )

銀座四丁目にある歌舞伎専用の劇場。明治22年に設立以来、火災や戦災に遭うなど様々な変遷を経て、100年以上の永きに渡り、日本が世界に誇る伝統的演劇、歌舞伎の上演に携わり、今日に至るまで名実ともに代表的な歌舞伎劇場として知られています。



◆日本武道館(千代田区北の丸公園2-3)

法隆寺夢殿をモデルにした壮大な建築で、正八角の屋根が象徴。収容人員は1万5000名。昭和39年東京オリンピックの柔道会場として建てられたもので、柔道、剣道を始めとする武道の試合や、歌謡祭、コンサートなど、さまざまな催しが行われています。



◆両国国技館(墨田区横網1-3-28)

両国のシンボル的存在。年に3回、1・5・9月に大相撲東京場所が開催されるほか、コンサートや各種イベントも開催されます。相撲博物館も併設されています。



◆東京ドームシティ文京区後楽1-3-61)

日本初の屋根付き球場として1988年3月17日に誕生した東京ドームを中心に、スパ、アトラクション、商業施設などを融合した、年間約3000万人ものお客様が訪れる総合エンターテインメントゾーン。 



◆旧岩崎邸庭園(台東区池之端1-3-45)

1896(明治29)年に三菱創設者・岩崎家本邸として、英国人ジョサイア・コンドルの設計により建設。現存する洋館・撞球室・和館の3棟のうち、特に洋館は、本格的なヨーロッパ式邸宅で近代日本住宅を代表する西洋木造建築として有名です。 



◆小石川後楽園(文京区後楽一丁目)

江戸時代初期、寛永6(1629)年に水戸徳川家の祖である頼房が、江戸の上屋敷の庭として造ったもので、二代藩主の光圀の代に完成した庭園。池を中心にした「回遊式泉水庭園」になっており、随所に中国の名所の名前をつけた景観を配し、中国趣味豊かなものになっています。 



◆六義園(文京区本駒込6-16-3) 

 小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられていた名園。元禄8(1695)年、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、柳沢吉保が造り上げた「回遊式築山泉水庭園」。吉保の文学的造詣の深さを反映した繊細で温和な日本庭園です。 



◆浜離宮恩賜庭園(中央区浜離宮庭園1-1)

海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変える“潮入の池”と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園。将軍家の鷹狩場だった地に、四代将軍家綱の弟で甲府宰相の松平綱重が屋敷を建て、十一代将軍家斉がほぼ現在の姿の庭園を完成させました。


img



img
▲ホテルTOPへ
▲最新情報


アクセス:地図

最寄駅:
地下鉄東西線「竹橋駅」3b直結
地下鉄千代田線「大手町駅」C2出口徒歩5分
JR東京駅丸の内北口より車で5分


連絡先:03-3287-2921代表

お問合せ:(メール)

インターネット宿泊予約


img



KKRホテル東京